パッチテストを実践

実際に化粧品を使う前に、パッチテストを推薦いたします。

特に敏感肌など、強い刺激に弱い方などは必ず実践したほうが良いと思います。

パッチテストとは、実際に使用する前に、化粧品で体にアレルギー反応を起こさないかどうか調べるためのテストです。

もっとも一般的なのが、二の腕などで一度使用してみるやり方です。

清潔にした二の腕に少量の化粧品を塗り、
約24時間の間で赤み、腫れ、かゆみなどの反応が出ないか調べる方法です。

パッチテストで反応がなければ、その化粧品は使用しても一応大丈夫ということです。

ただ注意してほしいのは、実際に使用して反応が出ることもあります。
あくまで簡易テストですので、この方法でアレルギー反応などが出ないからといって、
実際に顔で使用した際に反応が出ないとは限りません。

しかし、パッチテストを実践したほうが無難だと思いますので、
一度パッチテストをしてから使用しても良いのではないでしょうか?

万が一パッチテストで反応があった場合は、
化粧品を塗った個所をすぐにきれいに洗い落すことをお忘れなく。

自宅で簡単に行えるテストですので、
実際に化粧品を使う前に実践してみることを推薦します。

このページの先頭へ